top of page

Tokyo H.O.
Fujidenolo
 (2021)


Head office 東京都 オフィスデザイン
施工:株式会社 天然社

写真:谷川ヒロシ

愛知に本社を構える企業が拡大成長に合わせ東京本社を開設
昨今、働き方の変化に伴いオフィスのあり方が大きく変わりつつある中、流行りのデザインを追うあまり、企業の固有性が希薄な例も見られる。
現在、多様な分野への進出が行われている同社において、今一度メーカーというアイデンティを表現するオフィスのあり方に留意した。
奥に長いフロアを活かし、デスクを一直線に配置。窓側にガラスで仕切られた会議、諸室を配することで、ABWに対応しながらもフロア全体に外光が届く一体感のある構成とした。

諸室を仕切るパテーションは、航空産業時代から続く同社の歴史と特徴である、樹脂加工技術と精度の高さを表現する壁として計画された。

パテーションのガラスは2重として室の遮音性を高めつつ、ガラスの間には自社で新たにデザイン、制作されたアクリル組子を封入している。
アクリル組子は日差しや照明の光、視線の位置により消えたり現れたりしながら、企画〜デザイン〜製造〜販売まで自社一貫で手掛けるメーカーとしてのアイデンティティを、訪れる人に伝えながら、働く人達を柔らかにつなぐ背景となっている。

1/11
bottom of page